自動車保険の一括見積もりをするだけで特典があります。

スマホからでもOKで、5分くらいで終わるものがほとんどです。

しかも契約する必要はありません。見積もりだけでプレゼントをもらえます

プレゼント特典キャンペーンを開催しているサイトをまとめました。

自動車保険一括見積もりプレゼント特典キャンペーン一覧

サイト名 プレゼント特典
保険の窓口インズウェブ 人気 ハーゲンダッツ2個
保険スクエアbang! 人気 魚沼産こしひかり2合
楽天自動車保険 人気 千葉産こしひかり6合
価格.com自動車保険 ダイソンなど人気家電の抽選券
JAの自動車共済 ヘルシオなど人気家電の抽選券
イオン保険サービス お米ギフトカードなど
おとなの自動車保険 お米ギフトカード
JAL保険ナビ JALポイント
チューリッヒ ダイソンなど人気家電の抽選券
NTTイフ アイスやお米、カレーなど色々

キャペーン適用条件として「現在入っている保険の満期が90日以内」の方を対象にしている場合が多いです。

満期までまだ3ヶ月以上ある方は、プレゼント対象外になる場合があるので、各サイトの注意事項をよく確認してください。

満期が近づいている方は、保険料を安くできる可能性もありますので、積極的に一括見積もりを活用してみてください。

 

自動車保険一括見積もりプレゼント各サイトの特徴・詳細

 

保険の窓口インズウェブ

サイト名 保険の窓口インズウェブ
運営者 SBIホールディングス
公式HP https://www.insweb.co.jp/
保険会社 20社
利用料 無料
プレゼント ハーゲンダッツ2個

 

 

保険スクエアbang!

サイト名 保険スクエアbang!
運営者 ウェブクルー
公式HP https://www.bang.co.jp/
保険会社 19社
利用料 無料
プレゼント 魚沼産こしひかり2合

 

 

楽天自動車保険

サイト名 楽天自動車保険
運営者 楽天
公式HP https://insurance.rakuten.co.jp/
保険会社 6社
利用料 無料
プレゼント 千葉産こしひかり6合

 

 

価格.com自動車保険

サイト名 価格.com自動車保険
運営者 カカクコム
公式HP http://kakaku.com/kuruma_hoken/
保険会社 18社
利用料 無料
プレゼント ダイソンなど人気家電の抽選券

 

 

JAの自動車共済

サイト名 JAの自動車共済
運営者 JA(農協)
公式HP https://car-cp.ja-kyosai.or.jp/
保険会社 1社
利用料 無料
プレゼント ヘルシオなど人気家電の抽選券

 

 

イオン保険サービス

サイト名 イオン保険サービス
運営者 イオン
公式HP http://www.hokenmarket.net/
保険会社 9社
利用料 無料
プレゼント お米ギフトカードなど

 

 

おとなの自動車保険

サイト名 おとなの自動車保険
運営者 ピースネット株式会社
公式HP https://www.peace-net.jp/
保険会社 1社
利用料 無料
プレゼント お米ギフトカード

 

 

JAL保険ナビ

サイト名 JAL保険ナビ
運営者 JAL(日本航空)
公式HP https://www2.jalux.com/hoken/
保険会社 9社
利用料 無料
プレゼント JALポイント

 

 

チューリッヒ

サイト名 チューリッヒ
運営者 チューリッヒ
公式HP https://www.zurich.co.jp/car/
保険会社 1社
利用料 無料
プレゼント ダイソンなど人気家電の抽選券

 

 

NTTイフ

サイト名 NTTイフ
運営者 株式会社エヌ・ティ・ティ・イフ
公式HP https://www.nttif.com/
保険会社 8社
利用料 無料
プレゼント ドミノピザや上島珈琲のクーポンなど色々

 

 

自動車保険一括見積もりプレゼントの使い方

1.公式サイトへ行く

まずは保険の窓口インズウェブ公式サイトに行き、「一括見積もりへ」ボタンを押します。

 

2.クルマ情報の入力

そしてマイカー情報、主な使用エリア、使用用途、年間走行距離などを入力。ナンバープレート、現在契約中の保険会社名、保険満期日、ノンフリート等級なども入力。

 

3.現契約の入力

現在契約している自動車保険(任意保険)の情報を入力します。自宅に保管している保険証券や、ネット保険の方はマイページなどから確認してください。

その後、希望する補償内容を入力。よくわからなければ、特にいじらずにそのままでOKです。

 

4.メールアドレスの入力

メールアドレスを入力します。見積り依頼完了後、登録したメールアドレスに無料プレゼント情報が送られてきます。

 

これでインズウェブでの自動車保険見積もりは終了です。

順調に進めば5~6分程度かと思いますが、

  • マイカーの形式
  • 初度登録年月
  • フリート等級

などがわからないと調べながらになるので、10分以上かかることもあるかもしれません。

一括見積もりサイト一覧へ戻る

 

これまで自動車保険一括見積もりプレゼント特典になっていたモノ

 

図書カード

 

アマゾンギフト券

 

JCBギフトカード

 

楽天ポイント

 

Tポイント

 

マックカード

 

グルメカード

 

クオカード

 

テレホンカード

 

お米

 

 

自動車保険一括見積もりプレゼントの注意点

条件1:任意保険に加入済み

 

条件2:保険期間が残り90日以内

 

入力内容は正確に

 

営業マンに負けない

 

見積額は参考程度に

 

 

インズウェブの自動車保険一括見積もりプレゼントキャンペーンの注意点

余計なオプション見積もりは不要

途中、自動車保険以外の「がん保険」「マイカーローン」「賃料査定」などの見積もりも勧められますが、一切必要ありません。

 

車両保険は見積もり対象外の場合

古い車だと車両保険の見積もりができない場合があります。

 

保険満期日までの期間が長いと対象外

保険満期日まで90日以上残っている方は、インズウェブ場合、一括見積もりができません。

 

プレゼントの発送は翌月末

見積もり完了しても、すぐにプレゼントがもらえるわけではありません。

 

 

自動車保険一括見積もりの仕組み

一括見積もりサイトとは?

一括見積もりとは、一度にまとめて複数社から見積もりをしてもらえるサービスのことです。

たった1回だけ見積もり連絡すればOKなので、手間が圧倒的にラクになります。

 

 

自動車保険一括見積もりのメリットとデメリット

自動車保険一括見積もりサービスとは、複数の自動車保険への見積もり依頼を代行してくれるサービスです。

通常、自動車保険の見積もりをするときは、個人情報や車の型式、年式、補償内容などの細かい情報を自分で1社ずつ入力しなければなりません。

 

 

自動車保険一括見積もりのメリット

まずはメリットを確認します。

保険料の底値をゲットできる

メリットはなんといっても、最安保険料を知ることができることです。

入力が1度で完了する

自動車保険の見積もりは、通常は1社あたり10分程度かかるので10社見積もれば2時間弱。

しかし一括見積もりサイトなら、数分の入力時間で複数社の見積もりをゲットできます。手間をかけずに最安自動車保険を探したい方にはぴったりです。

お得なキャンペーンがあるかも

一括見積もりサービスによっては、期間限定などのお得なキャンペーンを開催していることがあります。

 

自動車保険一括見積もりのデメリット

一括見積もりサービスのデメリットは、「メールorハガキがたくさん届くこと」です。

複数の保険会社に見積もりを依頼するので、当たり前ですが、見積もりの結果がたくさん届きます。

 

無料でプレゼント・特典がもらえる理由

なぜ私たちは一括見積もりするだけで、無料でプレゼントや特典をもらえるのでしょうか?

その答えは「一括見積もりサイトは、無料プレゼントしても儲かっている」からです。

 

一括見積もりに参加している自動車保険会社一覧

  • アクサ損害保険株式会社
  • イーデザイン損害保険株式会社
  • セコム損害保険株式会社
  • ソニー損害保険株式会社
  • チューリッヒ保険会社
  • 三井ダイレクト損害保険株式会社
  • そんぽ24損害保険株式会社
  • SBI損害保険株式会社
  • セゾン自動車火災保険株式会社
  • Chubb損害保険株式会社
  • あいおいニッセイ同和損害保険株式会社
  • 朝日火災海上保険株式会社
  • 共栄火災海上保険株式会社
  • 損害保険ジャパン日本興亜株式会社
  • 東京海上日動火災保険株式会社
  • 日新火災海上保険株式会社
  • 三井住友海上火災保険株式会社
  • AIG損害保険株式会社
  • 株式会社リロケーション・インターナショナル
  • 株式会社シースタイル
  • 株式会社福島銀行
  • 神奈川県民共済生活協同組合

自動車保険見積もりの体験談

インターネットで自動車保険一括見積もりサイトを利用した結果

自家用車の任意保険が満期になるので保険料が安いと広告のインターネットで、自動車保険の一括見積もりをしてみます。

乗っている車はかなり古くて、車種はトヨタ クラウン(H16年式)、走行距離が約16万Km、事故歴なしの状況です。現在、私の年齢は60歳で入っている保険会社は、東京火災海上です。1年契約で、年間の保険料は約48,000円になります。

ただし、割引率が運転者年齢60歳で、ノンフリート 20等級、ゴールド免許、日常・レジャー使用が条件で適用されています。補償内容は、運転者の年齢条件が35歳以上補償、対人は1名につき無制限、対物は1事故につき無制限、人身は1名につき、3000万円になっています。車両保険は付けていません。

この現行と同じ内容で、インターネットで自動車保険の一括見積もりをしてみます。結果は、約49,000円になりました。現行とほぼ一緒の値段で安くならなかったのですが、これには、私の大きなミスがありました。その理由として私自身が現在の保険の満期日が月末だと勘違いしてて、満期日が6日以上過ぎていたため、現在の等級が引き継ぎできないとのことでした。

現行が20等級だとこれが引継ぎできなくて、6等級からのスタートになってしまいます。このため保険料の割引率が低くなり、結果として高くなったということです。おそらく前の20等級を引き継いでいれば、半額程度にはなっていたと思います。このことは意外と知らない人もおられるかもしれないので、保険会社の切り替え時は注意が必要です。

保険会社を選ぶ上での重要なポイントとしては、保険料が安いことはもちろんですが、付帯サービスがどの程度あるか、たとえば事故時のアフターフォロー体制やレッカー代やレンタカーの無料サービスなどがあるかどうかなど確認するとよいと思います。次に保険料の見積もりをする場合、メーカによって電話で申し込みする場合とインターネットで申し込みする場合とで保険料が異なるケースがあります。

一般的にはネットで申し込む方が安いです。あと、契約保険書を紙で受け取る場合とネット閲覧にて不要にする場合とでは、見積もり料金に差がでます。インターネットで自動車保険の一括見積もりに要する時間は5分程度で短時間にできます。このようにインターネットを使用すれば、多数ある保険会社の一括見積もりが容易に短時間でできるため、保険会社の比較選定には有効な手段言えます。

無駄な出費の見直しに最適のサイト

私の住んでいる地域では車がなければ生活が出来ません。
地元の同級生はみんな高校卒業と同時に車を運転し始めます。
私も車を運転してから早20数年経ちます。
今年で40歳になりますがもちろん無事故、無違反というわけではなく、
何度か自動車保険にもお世話になりました。

結婚して数年間は免許を取った際に両親の付き合いで入った
自動車保険に入っていましたが、妻に言われ保険を見直す際に
自動車保険の一括見積サイトに登録しました。
当時入っていた保険は年間で約14万ほどのもので
妻が入っていた保険と比べ倍以上の金額だった事を
覚えています。

一括見積サイトから来たきた見積もりは各社様々でした。
ピンからキリまで金額の差はかなりありましたので、
どの部分を重要視していくかを明確にしておくことを
おすすめします。

一括見積サイトで現在入っている保険会社と出会いました。
私たち夫婦は2人ともパワースライドドアが付いている車に乗っています。
そのため事故にあった際車両保険に入っていた方が都合がよいと
判断し、車両保険アリの見積もりで検討していきました。

乗っている車はヴォクシーとタントになりますが、
現在の保険はヴォクシーが約6万、タントが約3万ほどになります。
どちらも車両保険は入っておりこの金額でしたので十分納得できる
見直しとなりました。

実際にタントに関しては横から追突され、パワースライドドア部分も
取り換えになって車体価格とほぼ同等の金額を請求されましたが
全額保険で賄う事が出来ました。

ヴォクシーに関しましても後ろのバックドア部分に追突されましたが、
こちらも保険ですべて賄えました。

保険を利用した際の値上がりもそこまで高くなく、年間約1万ほどで
その後無事故であればもとに戻ります。
事故を起こさないのが一番良いのですが、自分の注意だけでは
どうしようもない事もありますので自動車保険には加入を
強くお勧めします。

また、車両保険以外にも対人対物の保証部分はきちんと確認を
行いましょう。
もし万が一人を巻き込んでしまった場合や人の家や塀、店舗などを
壊してしまった場合はとても個人では賄いきれない金額の請求が
予想されます。
そうなった場合、やはり保険に入っていれば安心できますし
保証の内容によって対応も変わってきます。

どんな保険が自分に合っているのかを知る為にも一度
一括見積サイトで見積もりを取ってみると良いです。
案外無駄な出費になっている部分があるのでこの機会に
見直してみてください。

一括見積もりサイトのおかげで安くて補償内容が充実している保険会社に切り替えることができた

私は44才でカローラのオーナーです。毎日通勤に使っている車で走行距離は12000kmほどです。なぜ一括見積もりサイトを利用したかというと友人から勧められたからです。私は少しでも保険料を安くしたかったので車好きの友人に相談しました。そしたら、一括見積もりサイトを使えば一番安い保険料のところと契約できると言われました。今まで一度も一括見積もりサイトを使ったことがなかったのですがスマホで検索したら有名な会社のサイトがあることが分かったので使いました。

10社の中から最も安い自動車保険を比較できるサイトでした。さっそく比較をしようとしたのですが、初めてだったので使い方がよく分からず迷ってしまいました。どのように申込みをするのか分からない人向けの動画が凄く分かりやすかったので正しい手順を覚えることができました。比較した結果が郵送ではなくネットですぐに確認できるのが煩わしくなくて良かったです。
氏名や生年月日などを正確に記入しただけですぐに保険会社の情報が一覧表示されたので比較しやすかったです。私は最初は最も安いところと契約したいと思っていたのですが補償内容も比較した方がいいということに気づきました。

比較した結果、保険料と補償内容のバランスが一番良いと思えたセゾン自動車火災保険と契約することに決めました。私は心配性なのですが、万が一事故を起こした時にALSOKかけつけサービスを使えるのはとても便利だと思いました。保険の内容が複雑すぎると分かりづらいのですが、すごく理解しやすい内容でした。補償について詳しく説明されていたので分かりやすくて満足しました。年代別に保険料が変わる仕組みだったのですが、40代の私は割安で契約できるとのことだったので嬉しかったです。とてもお得だったのが、2年目以降も契約していると割引されるサービスががあったことです。前の保険会社にはなかったことなので切り替えて正解と思いました。

今回初めて一括見積もりサイトを利用したからいろいろ調べるために手間がかかったのですが、想像以上に保険料を節約できました。また、最初はあまり気にしてなかった補償内容が、前に契約していたところよりも手厚かったのがお得に感じました。問い合わせがしやすい保険会社と契約できたので安心してドライブを楽しめるようになりました。なぜ保険料に違いがあるのかよく分からないと不信感があるのですが、一括見積もりサイトのおかげで根拠がはっきり分かったので、どこと契約するべきか判断しやすかったです。

自動車保険で一括見積もりサイトを利用した理由

私は現在41歳ですが、それ以前に入っていた自動車保険の保険料の高さに不満を感じていました。そのためなんとかして自動車保険の保険料を下げようと思っていました。

そんな時に通販型の自動車保険なら代理店型の自動車保険よりもかなり安くできると聞いて、それで自動車保険について調べていたら自動車保険の一括見積もりサイトを利用することで保険料を安くできるということで利用することにしました。

私が乗っている車は三菱のekワゴンで走行距離は35000㎞ほどです。
この車で1回事故を起こしてます。

そのためさらに保険料が高くなったのも自動車保険の一括見積もりサイトを利用するようになった理由です。それで現在入っている自動車保険ですが、三井ダイレクトという自動車保険に入っています。

一括見積もりで複数の自動車保険の会社から見積もりを出してもらったのですが、同じ条件で保険料を算出した結果三井ダイレクトが一番安かったので、ここに決めました。

では、実際に三井ダイレクトの自動車保険の保険料はどのくらいかというと
補償内容をできる限り削ったことで17000円程度に抑えることができています。

肝心の補償内容ですが、無制限の対人賠償と無制限の対物賠償と無保険車の事故に遭った時の補償のみとなっています。

これは私が自動車保険で一番大事なのは車両保険や搭乗者保険ではなく、事故を起こした時に相手に対してどのくらい賠償責任が発生するかに備えることだと思っているからです。

なので、今入っている自動車保険で事故が起きた場合は私自身や私の車が破損しても保険は出ないです。出るのは全部相手側に出ます。

こうすることで一番やっておかないといけないことはしっかりできて、
保険料を安く抑えることができています。

なので、今後自動車保険の一括見積もりサイトを使おうと思っている人は
自分はどういう理由で自動車保険の一括見積もりサイトを利用するかを考えた上で利用することをおすすめします。

特に補償内容は自分でどこが必要で必要でないかを見極めることが大事です。
実際せっかく自動車保険の一括見積もりサイトを使っていても、削る部分が全く分かっていない人もいます。

それではあまり必要でもない補償を付けたことで、あまり保険料が安くならないということになりかねないです。なので、一括見積もりサイトを利用する時は補償内容も十分に考えた上で見積もり結果を出すことが重要です。

大事なのは自分が納得できるかどうかです。

自動車保険の一括見積もりサイトは無料でできるのでリスクはありません。

高い自動車保険に加入していましたが、本業の収入が減ってきたこともあって少しでも支出を減らすべき任意の自動車保険を見直そうと思いました。トヨタのプレミオに乗っていますが、年式は2007年です。

今年43歳で仕事は自営業をしています。本業の稼ぎが右肩上がりならば任意の自動車保険を見直さずに済みましたが、収入が減少していているので少しでも割安な任意の自動車保険に切り替えようと考えました。その際に便利だったのが無料でリスクなく行える自動車保険一括見積もりサイトでした。

このサイトは同条件の補償で複数の保険会社の見積もりを取ることができるので、わざわざ1社ごとに見積もりを取る必要がないのが良かったです。時間短縮にも繋がりますし、それと任意の自動車保険の一括見積もりをするとそのサイトからケンタッキー・フライド・チキン2ピースの無料ギフト券が貰えるので、これもこのサイトを利用しようという動悸になりました。任意の自動車保険の一括見積もりをするだけで毎年ケンタッキー・フライド・チキン2ピースの無料ギフト券が貰えるというのは、かなりお得だと思っています。

現在の任意の自動車保険はチューリッヒです。自動車保険の一括見積もりサイトでここの保険会社が一番見積もり金額が安かったです。保険料は15300円です。補償は一番最低ですが、それでも対人と対物は無制限となっていてロードサービスも付いているので価格を考慮しても満足できます。車両保険はあえて付けていません。

それからチューリッヒは保険料が割安なので、以前加入していた任意の自動車保険よりも保険料が15000円ほど安くなりました。確かに以前の保険会社のサポート体制はかなり評判が良いので本業の稼ぎが減少しなければずっと継続していましたが、今は本業の収入が減っているためそうも言っていられないので今は割安の任意の自動車保険にしています。ネットの口コミでもチューリッヒは評判がわりと良いので今のところは満足しています。

任意の自動車保険を選ぶにあたっては一番は自動車のトラブルが起きた際に迅速に対応してくれるサポート力を重視しています。次に保険料の安さです。現在は本業の収入が減っているので、サポート体制は比較的良くてその上で保険料が割安な保険会社を選ぶことにしています。

今後これから自動車保険の一括見積もりサイトを利用される方にアドバイスをするならば、無料でリスクもないのでとりあえず一度任意の自動車保険の一括見積もりをしてみると良いと思います。一括見積もりをするだけで無料で貰える特典も付いてきますのでお得です。デメリットは、見積もりした保険会社からのメールは多くなります。ただしそれはサブのメールアドレスにしておけばそこまで困ることはありません。

参考:自動車保険見積もりプレゼントキャンペーン

一括見積もりサイトを使うと無料プレゼントがもらえます!詳しくは当サイトTOPページ自動車保険見積もりプレゼントキャンペーンで紹介しています。

更新日:

Copyright© 自動車保険見積もりプレゼントキャンペーン , 2022 All Rights Reserved.